「対テロ戦争」における民間人誤射・誤爆・過剰防衛事件(2016年)

「誤射・誤爆」事件においては,死傷者が民間人(非戦闘員)であるか反政府・反外国軍武装勢力であるか,外国軍当局と現地政府や地域住民の主張が異なることが多い。下記では「誤射・誤爆」の可能性が高いと思われる事件を集計した。また,これらはウェブ上の主要メディアの報道や国際機関等の発表を集計したに過ぎないため,現実には,この種の事件はさらに多数発生していると思われる。
下記の表が示すように,“対テロ戦争”において,「誤射・誤爆・過剰防衛」やコラテラル・ダメージ(軍事行動に付随する犠牲)によって,多数の民間人死者が発生している。この問題については,08年末からのイスラエルのガザ地区攻撃にともなう多数の民間人死者発生の問題とあわせて,私が論じたCollateral Damage ― “対テロ戦争 War on Terror”の非人間性をお読みください。
“対テロ戦争”の原点とも言うべきパレスチナ問題の起源と経過については,「イラク戦争前史― パレスチナ問題」をご覧ください。
また,「対テロ戦争」の最前線を知るために:アフガニスタン戦争・イラク戦争という「対テロ戦争」の最前線の状況と日本の関与をどう考えるかについて,映画を素材としたエッセイ,「アメリカはなぜ戦争をし続けるのか」(ドキュメンタリー映画「アメリカばんざい-crazy as usual」),「無知は免罪符とならない」(映画「リダクテッド 真実の価値」)もご参照ください。
国・地域 イラク(IS含む) アフガニスタン シリア その他
種別* 検問等 誤射・誤爆 検問等 誤射・誤爆 検問等 誤射・誤爆 検問等 誤射・誤爆
民間人死者数** 727 69 1,219 116
* 検問等:検問所における検問や軍部隊・車列に接近した民間人に対して,軍の指示や停止命令に従わなかったとして,兵士が自爆攻撃等を誤認して民間人に発砲した事件等。
誤射・誤爆:武装勢力掃討作戦や武装勢力の攻撃に対する応戦等において,民間人が死傷した事件。
** 現地治安部隊員や警官の死者を含む。

日付は現地時間

月日 イラク(IS含む) アフガニスタン シリア その他
1月15日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人33人死亡。(IB)
1月18日 モスル東方地域で有志連合国軍の空爆により民間人11人死亡,6人負傷。(NINA)
1月28日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人7人死亡。(IB)
1月30日 対IS軍事作戦での米軍の空爆により民間人5人死亡,8人負傷。(IN)
2月10日 モスルで有志連合国軍の空爆によりIS拘束の民間人10人死亡。(IB)
2月12日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人16人死亡。(IB)
2月13日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人3人死亡。(IB)
2月18日 中部ワルダク州タンギ・サイダン地域のスウェーデン援助団体運営の病院を深夜にアフガン軍が襲撃し患者2人と管理人1人死亡。(R)
2月20日 ファルージャ南郊アミリヤ・ファルージャで有志連合国軍の空爆により民間人1人死亡,8人負傷。(IN)
2月25日 モスル西部地域で有志連合国軍の空爆によりISメンバー16人死亡,民間人6人死亡,29人負傷。(NINA)
3月4日 モスル西方バアジで有志連合国軍の空爆により民間人8人死亡。(IB)
3月7日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人6人死亡。(IB)
3月11日 ガザ地区のハマス施設へのイスラエル軍の空爆により近くの民家に住む子ども2人死亡。(AP)(R)
3月15日 モスル北方ハドバ地区の住居地域で有志連合国軍の空爆により女性5人と子ども3人含む民間人13人死亡,3人負傷。(NINA)
3月16日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人16人死亡。(IB)
3月19日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人11人死亡。(IB)
3月20日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人25人死亡。(IB)
4月7日 南東部パクティカ州パキスタン国境近くで米軍戦闘機の2回の空爆により民間人14人含む21人死亡,現地調査をした州議会副議長発表
4月10日 モスル中心部のISの通信施設4カ所標的の有志連合国軍の空爆により民間人67人死亡,37人負傷。(NINA)
4月21日 モスル北郊ファイサリア地域で有志連合国軍の空爆により学生6人死亡,8人負傷。(NINA)
4月22日 モスル東部マリヤ地区で有志連合国軍の空爆により女性17人と子ども11人含む民間人36人死亡。(NINA)
4月26日 ファルージャ中心部で空爆により民間人8人死亡,13人負傷。(IN)
4月27日 北西部アレッポの反体制派支配地域で政府軍の空爆と地上部隊の攻撃により「国境なき医師団MSF」支援の病院で27人死亡,付近の集合住宅で30人死亡,市内の戦闘で民間人53人死亡。(AP)(AFP)
5月5日 タルアファルで有志連合国軍の空爆により民間人17人死亡。(IB)
5月11日 モスル南方カイヤラで有志連合国軍の空爆によりI民間人4人死亡。(IB)
5月21日 北西部アレッポ北方トルコ国境近くアルシャフで有志連合国軍の空爆により女性5人と子ども1人含む民間人家族10人死亡。(AP)
5月25日 ファルージャでイラク軍の砲撃により民間人18人死亡。(IB)
5月26日 ファルージャでイラク軍の砲撃により民間人7人死亡。(IB)
6月3日 サラハディン州北部シャルカットで有志連合国軍の空爆により民間人9人死亡。(IB)
6月6日 東部デリゾール州シャアラの市場でアサド政権軍またはロシア軍戦闘機の空爆により子ども8人含む民間人17人死亡。(AFP)
6月8日 北西部アレッポのIS支配地域への有志連合国軍の空爆により民間人15人死亡。(AP)
7月5日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人17人死亡。(IB)
7月19日 北部のIS支配地域マンビジ近くの2つの村への有志連合国軍の空爆により子ども11人含む民間人56人死亡,シリア人権監視団発表。(AP)
7月31日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人19人死亡。(IB)
8月1日 アンバル州西部カイムで有志連合国軍の空爆により民間人9人死亡。(IB) 北西部アレッポ南西部で反体制派の砲撃により民間人少なくとも28人死亡,シリア人権監視団発表。(AFP)(AP)
8月3日 アンバル州西部カイムで有志連合国軍のIS司令部標的の空爆により女性と子ども含む民間人46人死亡,17人負傷。(IN)(IB)
8月4日 キルクーク西方ハウィジャで有志連合国軍の空爆により民間人10人死亡。(IN)(IB)
8月9日 北西部イドリブ州ミリスの国境なき医師団(MSF)運営の病院への空爆により職員4人と子ども5人含む13人死亡,6人負傷。(AP)
8月11日 北西部アレッポでロシア軍の空爆により民間人少なくとも20人死亡,北部ラッカでロシア軍の空爆により民間人24人死亡,70人負傷,シリア人権監視団発表。(AP)(AFP)
8月12日 北西部アレッポ州カフル・ハムラの市場や病院への空爆により病院職員と子ども含む18人死亡。(AP)
8月14日 北西部アレッポとイドリブ地域でアサド政権軍とロシア軍の空爆により民間人計67人死亡,シリア人権監視団発表。(AFP)
8月15日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人17人死亡。(IB)
8月17日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人11人死亡。(IB) 北西部イドリブでロシア軍の空爆により民間人17人死亡,30人負傷,シリア人権監視団発表。(AP)
8月19日 北東部ハサカでアサド政権軍の空爆により女性と子ども計13人含む民間人23人死亡。(AP)(AFP)
8月20日 モスルで有志連合国軍の空爆により民間人4人死亡。(IB)
8月24日 モスルのIS司令部標的の有志連合国軍の空爆により民間人10人死亡,15人負傷。(IN)
8月31日 イエメン北部サアダ地域でサウジアラビア主導の連合軍の空爆により民間人16人死亡。(AP) イエメン北部サアダ地域でサウジアラビア主導の連合軍の空爆により民間人16人死亡。(AP)
9月1日 西部ハマでアサド政権軍によるとみられる空爆により子ども5人含む民間人25人死亡。(AP)
9月6日 モスル南方ハマム・アルアリルでイラク軍の空爆により子ども8人死亡。(IB)
9月10日 北西部イドリブでアサド政権軍またはロシア軍の空爆により女性13人と子ども13人含む民間人58人死亡,北西部アレッポ州内で空爆により民間人計30人死亡。(AP)(AFP)
9月19日 中部ウルズガン州タリンコット郊外の検問所付近で米軍の空爆により警官8人死亡。(AP)(R)
9月21日 北西部アレッポでアサド政権軍またはロシア軍の空爆により民間人23人死亡。(AP)
9月24日 モスル中心部カラジ地区のISのイスラム法廷標的の有志連合国軍の空爆により民間人11人死亡。(IN) 北西部アレッポの反体制派支配の東部地域へのアサド政権軍の空爆により子ども11人と女性6人含む民間人52人死亡。(AFP)(AP)
9月25日 北西部アレッポでアサド政権軍の空爆により民間人26人死亡,19日の停戦合意崩壊後の民間人死者は213人,シリア人権監視団発表。(AP)
9月26日 北西部アレッポでアサド政権軍の空爆により子ども3人含む民間人12人死亡,シリア人権監視団発表。(AP)
9月27日 北西部アレッポ東部の反体制支配地域でアサド政権軍の空爆により23人死亡,シリア人権監視団発表。(AP)
9月28日 東部ナンガルハル州アチン地区でIS系武装勢力標的の米軍の空爆により民間人13人死亡,12人負傷。(AP)(R)
10月4日 モスル北方の村でトルコ軍の砲撃により民間人2人死亡,4人負傷。(IN)
モスルで有志連合国軍の空爆により民間人13人死亡。(IB)
10月5日 モスル南方カイヤラ近郊カライブ・ジャブール近くで有志連合国軍の誤爆によりスンニ派部族民兵少なくとも20人死亡。(R)
10月11日 北西部アレッポ東部でロシア軍又アサド政権軍の空爆により子ども5人含む少なくとも41人死亡。(AP)
10月12日 北西部アレッポ東部の反体制派支配地域の市場への空爆により少なくとも15人死亡(AP)
10月21日 キルクーク南方ダクク地区のシーア派モスクへのイラク空軍または有志連合国軍の誤爆により女性15人死亡,50人負傷。(NINA)
10月26日 北西部イドリブ州の反体制派支配地域の学校地区へのアサド政権軍またはロシア軍の空爆により児童22人と教師6人死亡,約50人負傷,シリア人権監視団発表。(AFP)(AP)
10月28日 北西部アレッポ西部のアサド政権は支配地域を反体制派が3台の自動車爆弾とロケット弾150発以上で攻撃,民間人15人死亡,100人以上負傷。(AP)
10月29日 イエメン西部ホデイダの治安施設へのサウジアラビア主導の連合軍の空爆により拘置所内の反フーシ派収容者少なくとも60人死亡,同地域の住宅への空爆により民間人17人死亡。(AP)(AFP)
11月2日 モスル東部カラマ地区で空爆と砲撃により住民4人死亡。(R)
11月3日 北部クンヅズ州クンヅズ郊外のブズ・カンダハリ村で米軍とアフガン軍特殊部隊へのタリバンの攻撃により米兵2人死亡,4人負傷,攻撃を受けた部隊の要請による米軍の空爆により女性と子ども含む住民少なくとも30人死亡,25人負傷,。(AP)(R)(D) 北西部アレッポ西部の政府軍支配地域を反体制派が攻撃し民間人12人死亡,200人負傷,政府系メディア発表。(AP)
11月5日 北西部アレッポ東部の政府軍支配地域への反体制派の攻撃により民間人74人死亡。(AP)
11月9日 北部ラッカ北方40qのヘイシャ村で有志連合国軍の空爆により女性9人と子ども2人含む民間人20人死亡,32人負傷,シリア人権監視団発表。(AFP)(AP)
11月10日 南西部ダマスカス郊外の反体制派支配地域ドウマでアサド政権軍の空爆により子ども4人と女性3人含む民間人11人死亡,ダマスカス中心部の学校に反体制派が発射したとケット弾1発が着弾し子ども3人負傷。(AP)
11月13日 北西部アレッポのクルド勢力の支配地域でアサド政権軍の空爆により子ども11人含む民間人23人死亡。(AP)
11月16日 北西部アレッポなどの反体制派支配地域へのアサド政権軍とロシア軍の空爆と砲撃により民間人54人死亡,シリア人権監視団発表。(AP)(AFP)
11月17日 北西部アレッポ東部の反体制派支配地域へのロシア軍の空爆により民間人少なくとも20人死亡。(AP)
11月18日 北西部アレッポ東部の反体制派支配地域へのっ空爆により子ども含む民間人12人死亡。(AP) イエメン南部タイズで砲撃により国境なき医師団(MSF)職員1人含む民間人21人死亡。(AP)
11月19日 北西部アレッポ東部の反体制派支配地域へのアサド政権軍の空爆により民間人31人死亡。(AP)(AFP)
11月23日 北部クルド人支配地域でトルコ軍支援の武装勢力の砲撃により民間人8人死亡。(AP)
11月24日 北西部アレッポ東部の反体制派支配地域へのアサド政権軍の空爆と砲撃により子ども5人含む民間人32人死亡,シリア人権監視団発表。(AFP)(AP)
11月25日 北西部アレッポ東部の反体制派支配地域へのアサド政権軍の空爆により民間人少なくとも12人死亡。(AP)
12月4日 シリア北西部イドリブ州南部の反体制派支配地域でロシア軍の空爆により民間人52人死亡,シリア人権監視団発表。(3)(AP)
12月5日 シリア北西部アレッポでロシア軍設置の野戦病院への反体制派の砲撃によりロシアン人女性看護師2人と民間人8人死亡。(AP)(AFP)
12月7日 アンバル州西部カイムで空爆により民間人130人死亡,100人以上負傷,有志連合国軍報道官は空爆への関与を否定,アンバル州議会メンバーはイラク軍戦闘機による空爆と発表。(IN)(AP)
12月13日 北西部アレッポでのアサド政権軍と反体制派の戦闘期間中に政権軍が民間人少なくとも82人を殺害したと国連人権機関が発表

この「“対テロ戦争”における米軍主導の連合軍による民間人誤射・誤爆・過剰防衛事件(2016年)」の著作権は
慶應義塾大学 経済学部 延近 充が所有します。無断で複製または転載することを禁じます。

Copyright (c) 2016 Mitsuru NOBUCHIKA, Keio University, All rights reserved.

誤射・誤爆・過剰防衛事件一覧へ

イラク戦争関連年表のトップへ 延近 充の経済学講義トップへ