「対テロ戦争」における米軍主導の連合軍による民間人誤射・誤爆・過剰防衛事件(2011年)

「誤射・誤爆」事件においては,死傷者が民間人(非戦闘員)であるか反政府・反外国軍武装勢力であるか,外国軍当局と現地政府や地域住民の主張が異なることが多い。下記では「誤射・誤爆」の可能性が高いと思われる事件を集計した。また,これらはウェブ上の主要メディアの報道や国際機関等の発表を集計したに過ぎないため,現実には,この種の事件はさらに多数発生していると思われる。
下記の表が示すように,“対テロ戦争”において,「誤射・誤爆・過剰防衛」やコラテラル・ダメージ(軍事行動に付随する犠牲)によって,多数の民間人死者が発生している。この問題については,08年末からのイスラエルのガザ地区攻撃にともなう多数の民間人死者発生の問題とあわせて,私が論じたCollateral Damage ― “対テロ戦争 War on Terror”の非人間性をお読みください。
“対テロ戦争”の原点とも言うべきパレスチナ問題の起源と経過については,「イラク戦争前史― パレスチナ問題」をご覧ください。
また,「対テロ戦争」の最前線を知るために:アフガニスタン戦争・イラク戦争という「対テロ戦争」の最前線の状況と日本の関与をどう考えるかについて,映画を素材としたエッセイ集。「アメリカはなぜ戦争をし続けるのか」(ドキュメンタリー映画「アメリカばんざい-crazy as usual」),「無知は免罪符とならない」(映画「リダクテッド 真実の価値」)もご参照ください。
国・地域 イラク アフガニスタン パキスタン パレスチナ
種別* 検問等 誤射・誤爆 検問等 誤射・誤爆 検問等 誤射・誤爆 検問等 誤射・誤爆
民間人死者数** 1 5 222 45 1 11
* 「検問等」:連合軍検問所における検問や連合軍部隊・車列に接近した民間人に対して,軍の指示や停止命令に従わなかったとして,兵士が自爆攻撃等を誤認して民間人に発砲した事件等。
「誤射・誤爆」:連合軍の武装勢力掃討作戦や武装勢力の攻撃に対する応戦等において,民間人が死傷した事件。イスラエル軍のガザ地区攻撃においては意図的と思われる民間人殺傷事件を含む。
** 現地治安部隊員や警官の死者を含む。

日付は現地時間

月日 イラク アフガニスタン パキスタン パレスチナ
1月2日 ヨルダン川西岸地区ナブルス近郊のイスラエル軍検問所でイスラエル兵の発砲により非武装のパレスチナ人男性1人死亡,イスラエル軍は停止命令を無視して検問所に接近したための発砲と説明。(R)
1月7日 ヨルダン川西岸地区ヘブロンでハマスに対するイスラエル軍の強制捜索行動中のイスラエル兵の誤射によりパレスチナ人男性1人死亡。(AP)
1月9日 南部ヘルマンド州でNATO軍・アフガン軍と武装勢力との銃撃戦中に子ども1人含む民間人3人死亡。(AP)
中部ダイクンディ州でNATO軍の空爆により警官3人死亡,3人負傷。(ISAF)
1月15日 東部クナール州コダガイ地域の2軒の民家へのNATO軍の空爆により子ども3人含む6人死亡,州議会議員発表,ISAFは空爆により武装勢力多数死亡と発表。(R)
1月18日 西部ヘラート州で武装勢力とNATO軍との戦闘中にロケット弾が民家に命中し子ども1人死亡,家族ら10人負傷。(AP)(R)
1月30日 西部ファラー州でNATO軍の空爆により民間人1人死亡,武装勢力2人負傷。(R)
2月2日 北西部モハマンド地域でパキスタン軍の発射した砲弾が民家に着弾し女性2人死亡。(AP)
2月3日 南部ヘルマンド州ラシュカルガー地区で銃撃を受けたNATO軍部隊の発砲により民間人2人死亡,1人負傷,詳細調査中。(ISAF)
2月7日 南部ヘルマンド州ナダリ地区で武装勢力掃討作戦中のNATO軍の空爆により子ども1人死亡。(ISAF)
2月17日 東部クナール州ガジ・アバード地区でNATO軍の空爆と地上軍の作戦行動により民間人64人死亡,州警察長官と州知事発表,ISAFは武装勢力36人死亡としつつ詳細調査中と発表,政府調査団が27日に民間人死者は65人でうち子ども40人との調査結果を発表。(ISAF)(AP)(R) ガザ地区北部の地中海岸でイスラエル軍の発砲により爆発物設置中のパレスチナ人3人死亡,イスラエル軍発表,パレスチナ解放民主戦線は1人は同グループのメンバーと確認,残りの2人の死体を受け取った関係者は2人は漁民と述べる。(AP)
2月20日 東部ナンガルハル州コギャニ地区でIED設置中の武装勢力3人に対するNATO軍の空爆により民家が破壊され民間人6人死亡,数人負傷,詳細調査中。(ISAF)(R)
2月24日 東部カピサ州アラフサイ地区でNATO軍ヘリからの攻撃により狩猟中の民間人5人(大人3人と子ども2人)死亡,地区首長発表,ISAFは武装集団を攻撃としつつ詳細調査中と発表。(ISAF)(R)
3月1日 東部クナール州の山岳部のNATO軍前方展開基地に2発のロケット弾攻撃,発射地点付近へのNATO軍ヘリの空爆により7歳〜12歳の子ども9人死亡,1人負傷,州警察署長発表,2日にNATO軍も確認し謝罪声明発表。(ISAF)(AP)(R)
3月3日 東部コースト州シャーコット地区でNATO軍の作戦行動中に兵士の発砲によりアフガン人男性3人死亡,NATO軍は3人が部隊に向かって走って接近し,うち1人は自爆ベストのようなものを着用していたため発砲,と説明。(ISAF)(R)
3月9日 北部クンヅズ州チャルダラ地区でドイツ軍の作戦行動中の銃弾により女性1人死亡。(AP)
南部カンダハル州ザーリ地区近郊の村で警官隊の武装勢力掃討作戦中に民間人男性3人と女性2人死亡,州知事公舎前で住民数十人が抗議行動。(AP)
南部カンダハル州カンダハルでNATO軍の対武装勢力作戦行動によりカルザイ大統領のいとこの州議会議長1人死亡。(AP)(R)
3月14日 東部クナール州チョウカイ地区でNATO軍ヘリからの空爆により子ども2人死亡。(ISAF)(AP)
3月17日 東部クナール州チョウカイ地区でNATO軍ヘリからの空爆により子ども2人死亡。(ISAF)(AP) 北西部北ワジリスタン地域で米無人偵察機からの4発のミサイル攻撃により民間人36人以上死亡。(AP)(R)
3月20日 ガザ地区のイスラエルとの境界付近でイスラエル兵の発砲により非武装のパレスチナ人2人死亡,イスラエル軍は2人が爆弾らしきものを所持して境界に接近したため発砲と説明。(AP)(R)
3月22日 ガザ地区でイスラエル軍の砲撃により子ども3人含む非武装の民間人4人死亡,13人負傷,イスラエル軍はイスラエルへのロケット弾攻撃に対するパレスチナ武装勢力標的の報復攻撃の誤爆と説明。(AP)(R)
3月23日 東部コースト州テレザイ地区でNATO軍の武装勢力車両標的の空爆により民間人2人死亡。(AP)(R)
3月25日 南部ヘルマンド州ナウザード地区でNATO軍ヘリが民間人の乗る2台の車両に発砲し女性2人と子ども3人含む民間人7人死亡,5人負傷。(AP)(R)
3月31日 南部カンダハル州カンダハルのNATO軍検問所にブレーキ故障の車が接近し兵士が自爆攻撃と誤認して発砲,車に乗っていた民間人2人死亡,4人負傷,車は排水溝に落下し通行人ら2人死亡,2人負傷。(AP)(R)
4月4日 北西部サレプル州でNATO軍・アフガン軍の夜間の作戦行動により民間人6人死亡,州知事発表,NATO軍は武装集団が部隊に発砲したために応戦と説明。(R)
4月22日 東部コースト州でNATO軍の空爆により建設会社労働者3人死亡,1人負傷。(R) 北西部北ワジリスタン地域ミラリ近郊で米無人偵察機2機の民家への10発のミサイル攻撃により女性2人と子供5人,武装勢力容疑者の計25人死亡,パキスタン情報当局発表。(AP)(R)
4月23日 東部カピサ州のNATO軍ヘリの墜落現場でNATO軍の空爆により武装勢力8人と民間人3人死亡。(R)
5月3日 中部ガズニ州ギラン地区でNATO軍補給物資輸送車列へのNATO軍機の誤爆によりアフガン人警備員10人死亡。(AP)(R)
5月11日 東部ナンガルハル州でNATO軍の夜間のタリバン掃討作戦中にNATO軍兵士の発砲により警官1人と非武装の女性1人死亡。(ISAF)(AP)
5月14日 東部ナンガルハル州ヘサラク地区でNATO軍・アフガン軍の作戦行動中の発砲により少年1人死亡
5月15日 東部クナール州ガズニ・アバード地区でNATO軍部隊が5人の民間人を武装勢力と誤認して発砲し女性5人死亡,地元メディア報道,州知事は武装勢力の攻撃に対するNATO軍の応戦により少女1人死亡,4人負傷と発表。(ISAF)(R)
5月18日 北東部タカール州タロカン近郊ガウマルで17日深夜からのNATO軍の作戦行動により民間人男性2人と女性2人死亡,州知事発表。(AP)(R)
5月24日 南部ヘルマンド州でNATO軍の夜間の武装勢力掃討作戦中のNATO軍兵士の発砲により非武装のアフガン人男性1人死亡,男性が懐中電灯をNATO軍部隊の方に向けたのを敵対行動と誤認。(AP)
5月29日 南部ヘルマンド州ナウザード地区で武装勢力の攻撃を受けた米海兵隊の要請で出動したNATO軍戦闘機の民家2軒への誤爆により民間人14人(子ども12人と女性2人)死亡,子ども3人含む6人負傷。(AP)(R)
6月22日 南部カンダハル州スピンボルダク地区でNATO軍の友軍誤射によりアフガン国境警備隊員2人死亡。(AP)
7月14日 東部コースト州でNATO軍の夜間の作戦行動により民間人6人死亡,住民1000人以上が抗議行動。(AP)
7月25日 東部ワルダク州サイイダバード地区でパトロール中のNATO軍部隊標的のIED攻撃により民間人1人死亡,NATO軍兵士数人負傷,IED爆発直後の武装勢力による小火器攻撃とNATO軍兵士の応戦中に民間人3人死亡,1人負傷。(ISAF)
南部ヘルマンド州ナフレサラジ地区で英軍ヘリの空爆により子ども5人負傷。(AP)(R)
7月26日 東部カピサ州ニジラブ地区でフランス軍部隊に接近する車へのフランス兵の発砲により女性と子ども含む民間人3人死亡,4人負傷。(ISAF)(R)
7月31日 東部ヌリスタン州ワマ地区の警察検問所へのNATO軍の空爆により警官4人死亡,空爆後にNATO軍地上部隊が警官12人を拘束。(AP)
8月5日 南部ザブール州カラート地区でNATO軍の夜間の作戦行動により民間人3人死亡,州警察本部長発表,NATO軍は武装勢力容疑者3人死亡と発表,住民約100人が抗議行動,警官隊と衝突し発砲により住民3人と警官1人死亡。(AP)(R)
南部ヘルマンド州ナダリ地区でNATO軍部隊にRPGと小火器攻撃,応戦の空爆により女性と子ども含む非戦闘員8人死亡。(AP)(R)
8月14日 カブールのNATO軍司令部内でNATO軍兵士の発砲によりアフガン人清掃員1人死亡。(R)
8月26日 東部ロガール州でNATO軍の空爆により女性4人含む民間人6人死亡,カルザイ大統領発表。(AP)
9月3日 北部バルク州でアフガン軍・NATO軍の夜間の作戦行動により非武装の女性1人死亡。(R)
南部カンダハル州カンダハルで武装した男がNATO軍部隊を銃撃,応戦の発砲により子どもと商店主の計2人死亡。(AP)
10月16日 東部ワルダク州でNATO軍・アフガン軍の強制捜索対象の建物への発砲によりアフガン議会前上院議員の家族3人死亡,2人拘束,NATO軍は建物の窓に小銃を発見したための発砲と説明。(AP)
11月18日 中部ガズニ州の警察検問所でNATO軍の発砲により警官2人死亡,2人負傷,ISAFは部隊が検問所からRPGや迫撃砲攻撃を受けたため自衛のために交戦したと発表。(AP)(BBC)
11月19日 バビル州ユシフィヤで米軍車両へのIED攻撃後の米兵の発砲により民間人2人死亡,5人負傷,内務省当局と地元警察発表,駐留米軍報道官は米兵の発砲を否定。(AFP)
11月24日 南部カンダハル州ザルザイ地区でNATO軍の空爆により子供6人と大人1人死亡。(AP)
11月29日 東部ナンガルハル州でNATO軍兵士の発砲により民間人2人死亡。(AP)
12月9日 ガザ地区でイスラエル標的の2発のロケット弾攻撃へのイスラエル軍の報復空爆によりパレスチナ人少年と父親の計2人死亡。(AP)
12月17日 東部パクティア州アフマダバ地区でNATO軍・アフガン軍が政府麻薬取締り局パクティア州支局長宅を夜間に急襲し局長と息子計3人を拘束,家族の女性2人死亡,3人負傷。(AP)

この「“対テロ戦争”における米軍主導の連合軍による民間人誤射・誤爆・過剰防衛事件(2011年)」の著作権は
慶應義塾大学 経済学部 延近 充が所有します。無断で複製または転載することを禁じます。

Copyright (c) 2011 Mitsuru NOBUCHIKA, Keio University, All rights reserved.

誤射・誤爆・過剰防衛事件一覧へ

イラク戦争関連年表のトップへ 延近 充の経済学講義トップへ