レジュメ

予定とポイント 過去問:13年,14年,15年,16年 補助テキスト:Hansen17 数学補足:行列確率漸近理論 データ:演習用データRの基本 即レポ:問題と解答
  1. 4/7 1.計量経済学とは何か?(4/6up)、 パワポ(4/6up)
  2. 4/14 2.古典的線形回帰モデル(up)(1):主な仮定、資料1、R演習(データ)
  3. 4/21 続き:主な仮定、行列表記
  4. 4/28 続き:最小2乗原理、幾何学的意味、決定係数
  5. 5/12 3.最小2乗推定量の統計的性質(up):ガウス=マルコフの定理、資料2
  6. 5/19 続き:s^2の不偏性、確率収束と一致性
  7. 5/26 続き:大標本特性、デルタ法による分散の推定
  8. 6/9 続き:データの問題(多重共線性、データの脱落)
  9. 6/16 4.最尤法(UP):考え方、最尤推定量の導出、資料3
  10. 6/23 続き:スコアの性質、情報行列と漸近分散の導出
  11. 6/30 5.仮説検定(UP)、資料4
  12. 7/7 続き:検定続き、レポート出題
  13. 7/14 6.回帰診断:操作変数法(UP)、資料5
  14. 7/21 続き:一般化最小2乗法(HCSE、GLSE)、資料6


Copyright (c) 2017 Hiroki KAWAI. All rights reserved.