グレーヴァ科研費プロジェクトのページ

JSPS 科学研究費補助金 基盤研究(B)

社会ゲームの理論と実験:自発的規律付けと多様な戦略の併存の含意と国際比較 (17H02501)

Theory and Experiment of Social Games: Voluntary Cooperation, Diverse Strategies, and International Comparison

本研究の目的

本研究は、大きな社会におけるメンバー間の戦略的行動がもたらす社会関係や行動様式を検討する「社会ゲーム」(social games)の理論・実験分析を行う。本研究と同じ研究者グループはこれまで、自発的継続繰り返し囚人のジレンマ(VSRPD)モデルに限定して、関係を戦略的に継続・解消できるときの規律付けについて理論と実験の両面で社会ゲームの研究を行い、自発的な規律付け が多様な戦略の併存という形をとりうるという知見を得たが、理論の予想外の実験結果もあった。本研究はこれを踏まえて、理論モデルや実験デザインを抜本的に拡張する。特に、経済主体が限定合理的なケースや、関係の継続を内生的シグナルとする規律付けの構造を、VSRPD を含めたより一般の社会ゲームについて理論と実験の両面から多角的に分析・検証し、国際比較も行う。

研究期間:平成29(2017)年度ー平成32(2020)年度

科学研究費助成事業データベースのページ

研究組織

研究代表者:グレーヴァ香子(慶應義塾大学経済学部、教授)

研究分担者:

藤原正寛(東京大学大学院経済学研究科、名誉教授)

松井彰彦(東京大学大学院経済学研究科、教授)

西村直子(信州大学学術研究院社会科学系、教授)

鈴木伸枝(駒澤大学経済学部、教授)

中泉拓也(関東学院大学経済学部、教授)

過去の科研費プロジェクト

2012年度ー2016年度(代表者:藤原正寛)プロジェクト・ウェブサイト
科学研究費助成事業データベースのページ