グレーヴァ研究会OG・OBのページ

ゼミ卒業生とは(少なくとも)2年間私の研究会に参加して、卒業論文を提出した人たちです。その方々には全員単位を出したはずです。

ゼミ卒業生の人には以下の特権(?)があります。

・年賀状の返事がもらえる。
・海外留学などの際に推薦状を書いてもらえる。これは、必ず時間に余裕をもって依頼して下さい。(中身は本人の過去の業績によります。
・Facebook で私にお友達申請ができる。(卒業式以降でないとだめです。また、「友達の友達」までしか申請できないように制限してありますので、昔のOGOBの方はまずグレーヴァまでメールして下さい。)
いずれも手みやげなどまったく不要です。

言わなくてもわかると思いますが、私に仲人は頼まないように!

メルアドなどが変更になったら逐次知らせてください。

2018年度OGOB会は無事終了しました。久々に多くの懐かしい顔に会えて楽しかったです。みんな元気で、「しっかり考えて」よい人生を送ってください。

メールコーナー

懐かしいゼミ卒業生の人たちからのメールなどを紹介します。

2014年までの近況(?)は過去ログに移しました。

(New!) 弊員は引続き液化天然ガス(LNG)のビジネスに携わっており、入社のときの、中東/アブダビから、その後ロシア/サハリンのプロジェクトに引続き現在はアフリカ/モザンビークのLNGプロジェクト立上げに関わっております。総合商社に入社したにも関わらずLNGだけ10年、というのも何だかなぁ、と思いつつ、楽しく充実した毎日を送っております。
現在は特にモザンビークプロジェクト立上げに向けた本邦電力・ガス会社向けの販売を担当しており、売主側として交渉の場に立っております。買主側の求めるものに対して、どのような交渉戦略を取るべきか、時にゲーム理論も用いながらチーム内で議論する毎日です。
また先生にお会いして色々お話させて頂くのを楽しみにしております。(2018年10月、10期H君より)

(New!) 私の近況は、プライベートは相変わらずですが、また転職をいたしました。 業務内容は、主に金融機関向けのアドバイザリーサービス提供ということで、前職と類似しておりますが 異なるサービスラインとの間の垣根が低く、協働の余地が大きいのが魅力です。
私の業界はここ数年、働き方改革、裁量労働制など、若手を保護する仕組の導入が進んでいますが 自分が20代~30代 半ば頃は、(これでも)将来のキャリアが見えずにもがいていたことを思うと、 ここまで優しくして良いのだろうかと思うこともあり、少々複雑です。(2018年10月2期生Oさんより)

(New!) 新卒で入社した製薬会社も昨年退職し、いまは某火災保険グループのコンサルティング会社にて、健康経営のコンサルタントをしています。なかなかニッチな分野ですが、これまでの仕事よりも楽しくやりがいも感じ、意外にもいきいきと働いています。
ゼミの再開、そして入ゼミ状況も好調とのことで、嬉しい限りです。 11月にお会いできることを楽しみにしております。(2018年10月、13期生、H君より)

(New!)勤務先は変わらず、5年ほど前からはスマートフォンに使われる、高周波デバイス(電波を送ったり、受けたりする部品です)のセールス・エンジニアとして、開発案件を決め、新規品立ち上げの社内外の調整をやったりという仕事をしています。お客様(エンジニア)との打ち合わせでは、製品の技術的な内容についての質問に答えなければならず、文系にはしんどい仕事ですが、グレーヴァ・ゼミで培った、わからないことを聞かれても「わからない」を言わない技術(?)で日々乗り切っており、先生には感謝です。(2018年10月、4期生、H山君より)

(New!) その1、昨年の春から勤務先で役員になりました。火力発電・バイオマス発電の燃料や海上コンテナなどの港湾貨物を輸送する会社ですが、労働組合の力がとても強く、ますます労使交渉の矢面に立たされております。
その2、結婚しました。これは今年の6月です。ご心配をおかけしました(してない?)がこれで私も所帯持ちです。
今年のOB会、できれば久しぶりなので出たかったのですが、出張の谷間で時間的に厳しいため、やむなく欠席します。ご盛会をお祈りいたします。ゼミ員の応募状況も順調みたいで安心しました。どうぞお体に気を付けて日々をお過ごしください。 (2018年10月、6期生A君より)

(New!)コーネル大学卒業後は米系の資産運用会社で債券プロダクト・スペシャリストとして勤務しておりましたが、その後同じ会社の上司が別の資産運用会社の初代日本支社長になられ、そこに引き抜かれ、今は立ち上げメンバーの一人として働いております。扱う商品はこれまでの債券に加え、株式、プライベート・エクイティ等オルタナティブ商品にも広がる可能性があるので、引き続き勉強の日々です。その他、社長のコーヒー・ブレイクのお付き合い、荷物持ち、傘持ち、オフィスの模様替え、インテリア調達、社会保険等社内整備のお手伝いなど私の業務内容は多岐に渡り、簡単に言うと社長がやらないことすべてです。非常に充実した日々です、、、
生活が落ち着いてきたことでようやく精神的・体力的余裕が出てきましたので、時間を見つけては(M本君から勧められた)ヨガやジムに通ったり、友人と旅行したりこれまでよりも充実した生活を送っております。やっと社会人としての楽しさみたいなのを感じられるようになってきたような気がします。なお、当面独身生活は続きそうです。
OB会は出席できそうです。先生はもちろんのこと、現役のゼミ生、他のOB・OGの方にお会いできるのを楽しみにしております。当日はどうぞよろしくお願い致します。(2018年10月、14期生I君より)

(New!) 近況としまして、新卒で入社した会社(というよりも事業)で引き続き半導体をマーケティングする仕事をしております。一昔前はザ・日本の大企業のような会社だったと思いますが、諸々の混乱の後、私が所属する事業は売却され米国資本が入りました。元々半導体というのはジェットコースターのように浮き沈みが激しい業界なのですが、この数年でさらに腹が据わったのは長い目で見ると良かったのではないかと思います。16年4月に上海に赴任してからは早2年半が経過しました。直属の上司は中国人の方で非常に優秀な方です。上海のマーケティングチームに日本人は私だけで、顧客も日系でなく現地企業相手のプロモーションなので苦労も多いですが、今や米国と双璧をなすテクノロジー大国なだけあって面白く勉強になることばかりです。
ところで来年でいよいよ30歳となります。これまでを振り返ってみると、大学で学んだことが20代の10年を駆け抜ける上で糧になっていると強く感じます。次の10年、20年も見据え、興味を持っている事があり、30代前半で大学院への進学を考えています。(仕事と両立する前提ですが。)帰国した折には一度ご相談させて下さい。
長くなってしまいましたが、またお会いできる日を楽しみにしております。学生の指導に研究に、とても多忙な毎日をお過ごしと思いますがどうかお体ご自愛下さい。 (2018年10月、14期生T君より)

(New!) 11月1日付での大阪転勤が決まっており、実務上は5日から勤務開始となるため、良いタイミングでの開催で嬉しいです。
近況ですが、3年前と変わらず、新卒で入社した会社の事業費を管理する部署に所属しています。ここ2年間はメインの事業費管理ではなく債権管理を任されており、取引先相手の未収金回収やら日米グループ会社間の内部取引やら、とにかくひとり仕訳を切る日々を過ごしていました。入社当初はポンコツだったわたしも、最近では「できる人ばかりでなくてよかった、と安堵できてしまう環境は如何なものか...」と悩む場面が多々あり、変なところで自分の成長を感じます(笑)
冒頭に記載した大阪行きですが、夏の終わり頃から話が持ち上がっては消えを繰り返し、先日漸く決まりました。会社の危機管理体制が見直され、所属部署の機能を2拠点化することとなったため、その準備と安定稼働に向けて送り込まれるようです。もうそろそろ次の部署へ、と思っていたので、部署異動なしの転勤にモヤモヤする部分もなきにしもあらず...といったところではありますが、ひとまずやるべきことをやってこようと思っています。当面上司は来ないので、羽を伸ばせそうです。 プライベートについては、Iさんのようにご報告することがありません。どうしたら良いのでしょう(笑)
それでは、当日グレーヴァ先生にお会いできることを楽しみにしています! (2018年10月、15かつ16期生Kさんより)

(New!) 僕は以前の金融から転職して現在はDeNAの系列でモバイル向けゲームの企画職をしています。やりたいことの実現にはまだまだ途上という感じですが、たまにデザイナーっぽい絵を描くような仕事もやらせて貰ったりして、そこそこ大変ながら以前よりは自分らしく働けてるのかなという気がしております。
当面東京勤務が続くと思うので何かの機会でまたお会いできればと思っております。皆様にはよろしくお伝えください!(2018年10月、12期コミケ出席停止を振り切って行ったT君より)

(New!)今回は取引先とのゴルフの先約があり、参加することが出来ず大変残念に思います。
先生が米国等でご活躍されている姿を、岐阜の片田舎から拝見しておりました。私は家業であるマネキン・ディスプレイの会社に入社し、未熟ながら日々経営の現場にて奮闘いたしております。こちらで田舎生活を満喫してはおりますが、東京にも度々出張するため、同期のメンバー含め、先生と再びお会いできる機会を楽しみにしております。岐阜にお越しの際は、是非ともお声がけください! (2018年10月、12期生G君より)

(New!)私も今年でいよいよ30歳になり、時間の経過の早さを感じます。 現在も名古屋のKという塾で小中学生を指導しており、色々と試行錯誤しながら生徒たちの志望校合格に向けてやっております。(名古屋地域も現在進行形で成長させている最中なので、戦力の一人(と私は勝手に思っているのですが笑)として当分は愛知にいそうです)
授業でも子供たちから「分かりやすい」とか、三者面談を通じて保護者の方から感謝のお言葉をいただけるところが、私にとってのやりがいです。(2018年10月、13期生N村君より)

(New!) 近況ですが、今年の4月に結婚しました。直接ご報告できておらず申し訳ございません。新生活を始めて早半年、もうすっかり慣れましたが、共働きですので、夫婦でお互いに協力し合うことが大事だなと感じております。また、来年の4月に子供が産まれる予定です。今から出産や育児、保育園のことなど、不安は尽きませんが、残り半年ほどの夫婦2人の時間を楽しもうと思っています。
仕事の面では、2年半程前に宇都宮から東京に異動しました。システム開発の仕事から、システム導入支援の仕事に変わりました。仕事内容の変化はもちろん、お客様との接点が多いこと、また一応営業部の所属ですので、同僚の雰囲気が全然違うため、同じ社内の異動ではありますが、別会社に転職したような変化がありました。開発の頃には当たり前だった残業もかなり少なくなり、上司・同僚にも恵まれ、相変わらず元気に楽しく仕事をしております。
結婚、出産を機に辞めることも考えましたが、家事よりも仕事が向いてると色んな人に言われるため、引き続き頑張りたいと思います。笑
来月お会い出来るのを楽しみにしております。三田に行くのも久々なので嬉しいです。当日はどうぞよろしくお願い致します。(2018年10月、11期生Mさんより)

(New!)この春に、4年間の札幌赴任が終わり、本店の営業部に着任しました。半沢直樹のようには参りませんが、まじめに仕事してます。ご挨拶もせずにおりおそれいります。 更に私事で恐縮ですが、せがれが中学受験なのと、野球チームに卒業までいさせたいので(キャプテンなんです!)、慣れた札幌に家族を置き去りにし、逆単身赴任。久しぶりの自炊が意外に息抜きになってます。(2018年10月、3期生S口君より)

(New!) 昨年5月に娘が生まれました。妻は今年の1月から仕事復帰をしたので、夫婦で相談しながら育児に仕事に奮闘しています。 今年の1ー3月は育児休暇を取得してました。保育園が始まるまでの3ヶ月、とても貴重な経験ができました。
Y社に転職して、4年が経ちました。育休後の4月から、プロジェクトマネジメントチームのチームリーダーをしてました。この10月からは、データマーケティングプロダクトのサービスマネージャーという役割をしています。 マトリックス組織で、以下のような組織です。
執行役員 - 本部長 - 部長 - チームリーダー - メンバー
- ユニットマネージャー - サービスマネージャー

エンジニア、プロジェクトマネージャー、マーケティング部門など50ー60人いる組織の事業責任をすることになり、ややテンパり気味ですw マネージャー職になり、日々の意思決定はまるでゲーム理論だなーと思います。同時ゲームの時もあれば、展開形ゲームの時もあります。場合分けして、利得を考えて、意思決定すれば、周りの納得感も高いです。
ライフワークとして、病院経営に関する一般社団法人を立ち上げました。 活動を続けて2年目に入りました。病院経営にまつわる運用事例を、ワークショップを通して集めています。
あと、大学院は今年の3月に修論を出しました。オンラインの修士なので、審査は10月です。OBOG会でお会いする頃には、結果が出ていると思います。
振り返ると、詰め込み過ぎの人生な気もしますが、マイペースにやってます。 では、11月、お会いできるのを楽しみにしています! (2018年10月、12かつ13期生K君より)

(New!) 新卒で入社した会社を2年弱で退社した後、米保険会社(Prudential)系列の資産運用会社で2年半、クレジットアナリストとして国内社債のリサーチ業務に携わりました。投資家として様々な企業の財務分析や業績予想の作成、さらには企業に直接取材を行うなどの業務はとてもやりがいを感じました。特に投資先の企業の方とお話しする際は、失礼のないようにとプレッシャーを感じる一方で、実際に事業を動かしている方にお会いでき興奮したのを覚えています。
プライベートでは今年2月に前々職の同僚と結婚しました。結婚とほとんど同時に夫の転勤が決まりまして、8月に会社を辞めニューヨークに引っ越しました。現在は就労許可がおりるのを待ちながら、語学学校に行ったり最近船でやってきたダンボールの山を片付ける毎日です。新生活にもだいぶ慣れてきました。
余談ですが、前職に慶応経済の10年上の先輩(塩澤ゼミ出身)がいました。「グレーヴァゼミ出身です」というと、「この人は大事にした方がいいですよ」とその方が私の上司に進言してくださったことがあり、グレーヴァ先生の影響力やゼミの評判を改めて実感しました。
グレーヴァゼミの益々の発展と、OB会の盛会をお祈りいたします。(2018年10月、15期生Iさんより)

(New!) 今年の4月に社会人になり、元気に働いています。会社は上場したばかりの若い会社で、いくつもの新規事業が同時に進められていてとても面白い環境だと思っています。プログラミング経験は全く無かったのですが、「素養がある」と認めていただき、エンジニアとして働くことになりました。
この「素養」というのは恐らく、私が生まれ持っていたものではなく、ゼミで鍛えられた以下の三つの能力なのだろうなだと感じます。
・用語を厳密に定義して議論する
・論理的に考える、論理に飛躍があれば行間を埋める
・自分で文献に当たって分からないことを分かるまで調べる

ゼミで頑張ったお陰で今の経験ができているのであれば、頑張って良かったなと改めて思いました。あ、でもやはりゼミで身に付いた能力で一番役に立っているのは、詰められても動じないタフな精神力かもしれません(笑)OGOB会、楽しみにしています! (2018年10月、17期生K原君より)

(New!) ゼミの再スタート絶好調のようでなによりです。 今年のOB・OG会もぜひ参加させて頂きたく思います。 こちらは3年前から変わらぬ会社で相変わらずプログラミングをしています。 最近はやはり社内でもAIの話題が多く、生き残りのためには避けられないと触り始めました。 数学の知識がこれまでにも増して要求されるので必死に学生時代の数少ない叡智を呼び起こしています。 また義務教育でのプログラミング必修化や小学生の天才プログラマーの話も尽きず、最年少の自分は 「若くはないから危機感を持ってほしいけど若いからどんどん革新を起こしてほしい」という板挟みな期待をされる立ち位置にございます。

それでは当日お会いできるのを楽しみにしています。 (2018年10月、13期生N島君より)

(New!) 残念ながらその日は伺えそうにありません。ただオタワにいるというわけでもなく、11月頭にFTC Microeconomics Conferenceで報告があるため、当日はDCにいます。近況報告ですが、カナダ銀行でも元気にやっています。幸いフライアウトのときの取り決めどおり、ほぼ100%研究に時間を取れています。分野の近い人が銀行に少ないのがマイナスと思っていましたが、外部からセミナー報告者が頻繁にくるため、今の所それほど話し相手には困っていません。ちなみに先月報告に来た一人は特にインターネット経済に興味がある理論の人だったので、共同研究を始めるために今も連絡を取り合っています。年末年始は妻はキャンディデイトとして、僕は面接官としてジョブマーケットに参加するため日本に一時帰国はできませんが、来年3月のWestern Economic Associationには応募しようと思っています。そのときにお会いできるのを楽しみにしています。

P.S. ラケットをもってない塾高OBとは、僕のような人が増えているのでしょうか…。 (2018年10月、12期生I君より)

(New!) ご無沙汰しております。 ちょうど秋学期が始まる頃ですが、いかがお過ごしでしょうか? 私事ですが、10月から新しい職場で働くことにしました。 3年前のOB会の後は、仕事ではイージスBMD(イージス弾道ミサイル防衛システム:Aegis Ballistic Missile Defense System)に関わる一方、 プライベートではアメリカ公認会計士試験の勉強を進めてきました。 今年の6月に、アメリカ公認会計士試験に受かったことや つい先日イージスBMDの迎撃実験にも成功し、一通りの区切りがついたかなと感じています。 今の仕事内容は非常に楽しく満足しておりましたが、社風が極度に保守的であるため、 今後の職業人生を考えたときに、新しい挑戦がしたいと思い、転職することにしました。

新しい職場は、監査法人の大阪事務所です。 そこまで規模の大きな法人ではないので、監査・コンサル・IPOと色々とやらせてもらえるようで、 その点に魅力を感じ、転職を決めました。 今後は5年ほどしっかり経験を積んで、そのあと事業会社の経理か経営企画に戻ろうと考えています。(2018年9月、13期生W君より)

実は本社勤務から管理職になるとほぼ同時にアメリカの製造子会社に取締役管理部長として出向しており、現在イリノイ州シカゴ近郊に住んでおります。(本社ではただの課長ですが。。。)
私の会社はベアリングメーカーですが、ここでは自動車の足回りに使われる部品(ハブベアリング)を製造しています。250人ぐらいの規模の会社で資金、会計、人事、ITなどを主に担当しています。仕事の守備範囲が広く会社の規模も大きすぎないので製造現場の経営に携われる仕事をとても楽しんでいます。英語も業務に支障ない程度は使えており、マネージャーの人事考課面接なんかを英語!!でやったりしてます。(現地人だけの会議はまだきついですが。)
家族も帯同していますが、嫁も娘も私以上にアメリカの生活を楽しんでいます。特に6歳の娘の英語力は現地校で鍛えられ完全に父を抜き去りました。
そのようなわけで数年前に1度行ったきりになってしまっているOB会今年も残念ながらいけません。心苦しく思っておりますが、元気にやっておりますのでご安心ください。
シカゴの冬は非常に寒くそこだけは憂鬱です。日本も急な気温の変化など風邪をひきやすい時期なので、先生もお忙しいとは存じますが、お身体気を付けてお過ごしください。(2015年11月、2期生Y. Y田君より)

サバティカルいいですね!
楽しんできてください。
私の方は去年の10月から異動した部署にやっと慣れてきてこれから楽しくなってきそうです。 所属してる部署が分析を業務としているため皆勉強家で、今度ゲーム理論の勉強会も開催されるかもしれないので参加しようと考えてます。(2015年11月、10期生K君より)

私は引き続き、卒業後に就職した企業で働いております。元気に働いておりますが、複数のプロジェクトが重なったり、重いプロジェクトにアサインされると一気に忙しくなる不規則な季節労働者です。
今年で3年目社員になり、所属する部に下も入ってきまして新入社員(Oゼミに所属していた後輩で女の子です)のチューター(新入社員の指導係で2年間面倒をみます)も任されています。ずっと下の立場で先輩に可愛がってもらいせっせと頑張ってきたので下が入ってきて寂しい気持ちもありますが、自分の仕事を新人に引き継ぐことで自分は新しい仕事ができるので、いまは心を鬼にして先生並のスパルタ指導で仕事を教えています。 (2015年11月、14期生K村君より)

4月よりM社に就職し、5月に配属が決定され、配属先は予想外の経理部でした。 仕事内容としては、会社の連結決算及び予算業務、社内会計基準の策定、新会計システムの導入 などなど様々な事をやらされており、かなり遅くまで会社に残る日々を過ごしております。。。
やはり営業志望でありましたので、今みたいにオフィスに閉じこもり名刺をまだ一度も使ったことのない 職場環境には満足はしておりませんが、一方働き過ぎているせいで知識や経験は他の人よりはついているかなと思っています。
仕事柄論理的に物事を説明するのが必要となるので、ゼミでのレジュメ作成やプレゼンは、今の仕事にかなり 効いているかとも思います。
まだまだお話したいことはたくさんあるのですが最近の状況をまとめると、 長時間労働やプレッシャーのせいで体調を崩す人が周りに多いので、自分も無理しすぎずかつ 1年目という貴重な時間を無駄にしないようがむしゃらに励んでいるところです!(2015年11月、16期生K君より)

なんとなんと、今年の4月から社長秘書になってしまいました。 2月くらいまで「7月からニューヨーク!」と言われていたので 楽しみにしていたのですが、突然秘書に抜擢(?)され、海外駐在は 持ち越しとなってしまいました。
さらに驚くのは、代わりにニューヨークに行ったのがゼミ同期のHなのです。 先日、社長と米国出張に行った時にニューヨークで会いましたが、 楽しそうにしていましたよ。羨ましい限りです。
まぁ、社長秘書は経験したくても出来るものではないので、経営に ついて勉強する機会を与えてもらったと思って頑張ります。(2015年11月、1期生A君より)

今年の春に長きにわたる学生生活にピリオドを打ち、ようやく社会人としての第一歩を踏み出してから、半年余りが経過しました。
 私の所属する部は、退職金・年金に関するコンサルティングを事業内容としているのですが、半年間のOJTを経て、先日、初めてコンサルティングの案件にメンバーとして入ることになりました。初めての案件ということで、上司の方も比較的容易な内容のものを選んでくださったはずでした。しかし、内情を見てみると、お客さんの企業グループの中で従業員の出向や転籍が頻繁に行われ、どの会社がどれだけお金を支払うのか、債務を負担するのかなど、ルールが大変複雑になっていて、上司の方のお話では、これだけ厄介な案件も珍しいそうです。「負荷が高い方がより早く成長できる」と自分に言い聞かせ、信じこませながら、仕事に邁進しております。
 ところで、退職金・年金は、会社の決算にも負債・債務として計上されますし、何より従業員の方の生活を支える原資ともなりますので、お客さんには決していい加減なものを提供することはできません。また、計算するにも、数学の知識を要する複雑な数理計算が関わってくることが多々あります。これらのことを考えるにつけても、グレーヴァゼミで培った経済学・数学(私の実力などはお恥ずかしいものですが)、それ以上に「決して手を抜かずに徹底的に厳密に考え抜く」姿勢が、仕事をする上で非常に役立っています。私の指導員の女性もこの姿勢で仕事に向き合っていて、私の成長のために厳しく指導してくださるので、つくづく私は厳しい女性の指導に恵まれているなと感じています。(もちろん本音です笑)
 さて、11/21(土)に開催されるOB・OG会ですが、喜んで参加させていただきます。来年からは先生もサバティカルで母校に戻られ、ご自身の研究に一意専心されるということで、久しくお会いすることもできなくなりますので、この機会にお会いできることを楽しみにしております。先生のますますのご成功を、心からお祈りしています。(2015年11月、13期S君より)

現在も札幌におり、この10月で丸3年になります。そろそろ異動かとは思いますが、さすがに11月までの異動はなさそうなので、今回も欠席でお願いします。 また東京に戻ったら是非参加させていただきたいと思っておりますので、その際はよろしくお願い致します。

ちなみに、近況を簡単にご報告させて頂ければと思います。昨年12月に第二子の男の子が生まれ、長女4歳、長男0歳と、妻の4人で無事に過ごしております。 そろそろ雪の気配も近づいており、厳しい冬を迎えますが、何とかこの冬も頑張って乗り切ります。(2015年10月、8期K君より)

2014年までのOGOBからの近況は過去ログに移しました。