第60回弱視教育研究全国大会(大阪大会)

教科書デジタルデータ提供に関する調査研究事業報告会

ワークショップ「デジタル教科書からはじめるe合理的配慮」


2018年11月9日更新


 第60回弱視教育研究全国大会(大阪大会)のプログラム終了後、同じ会場で「教科書デジタルデータ提供に関する調査研究事業報告会」と恒例の「ワークショップ」を下記の通り、実施します。研究会に引き続き、ぜひ、ご参加くださるようお願いいたします。なお、詳細は適宜、ホームページにてお知らせいたします。

  1. テーマ:「デジタル教科書と情報活用能力」

  2. 趣旨
  3.  2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本の社会は大きく変化しようとしています。教育の世界でも、Society 5.0に対応するために「学びのあり方改革」が推進されつつあります。新学習指導要領では、情報活用能力が、言語能力と同様に「学習の基礎となる資質・能力」と位置付けられ、総則には、情報活用能力の育成を図るため、各学校において、コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整えることが明記されました。また、学校教育法等の一部を改正する法律で「デジタル教科書」が正式に認められました。さらに、今年度から、大学入試センター試験の配慮案内の中に「パソコンの利用」が明記されました。このように、教育の情報化への対応は、急務の課題になっています。そこで、私達は、以下の通り、報告会とワークショップを企画しました。


  4. 期日:平成31(2019)年1月29日(火) 15時45分〜18時30分(途中入退出可)

  5. 会場:アウィーナ大阪(公立学校共済組合大阪宿泊所) 3階「葛城」


  6. 実施者
  7. プログラム(案)


  8. その他
  9.  本シンポジウムは、文部科学省初等中等教育局教科書課委託研究事業「特別支援学校(視覚障害等)高等部における教科書デジタルデータ活用に関する調査研究」、「教科書デジタルデータ提供に関する調査研究事業」、JSPS科研費・基盤研究(A)「通常の学級で学ぶ視覚障害児のための合理的配慮に関する支援システムの構築」(課題番号16H02072)、基盤研究(B)「視覚障害者の円滑な大学進学を目指した高大連携システムの開発と評価」(課題番号18H01040)より研究費の補助を受けて実施いたします。


  10. お申し込み先:申し込みフォームにジャンプ


  11. お問い合わせ先:慶應義塾大学・中野泰志研究室


トップページへ戻る