「イラク戦争」関連年表 2007年11月(作業中)

年表のトップページへ 前のページへ 次のページへ

【イラクおよび周辺地図】 【用語集(人名・地名・組織名等】 【イラク戦争関連兵器】 【テーマ別記事一覧】 【注釈一覧】

月日 イラク軍事情勢 イラク政治情勢 日本の対応 アメリカの対応 その他の国,
国際機関の対応
イラク周辺国情勢
11.1 バラドの米空軍基地付近で戦闘作戦行動中の米空軍兵3人死亡。(M)(D)
バグダッド南方でパトロール中の米軍部隊へのIED攻撃により米兵1人死亡。(M)(D)
11.2 ディワニヤでポーランド軍車列へのIED攻撃により同国軍兵士1人死亡,3人負傷。(BBC) [アフガニスタン情勢]
中部ウルズガン州でパトロール中のNATO軍部隊へのIED攻撃によりオランダ兵1人死亡,2人負傷,アフガン兵1人死亡。(ISAF)(AP)(R)
中部ウルズガン州で小火器による攻撃により米兵1人死亡,アフガン兵1人死亡。(AP)(D)
中部ウルズガン州スピンガー地区でIED処理中の爆発によりオーストラリア兵1人負傷。(DAU)
西部ファラー州グリスタン地区でのNATO軍・アフガン軍とタリバン武装勢力との戦闘が5日目に入る。(R)
11.3 サラハディン州アルサフラで非戦闘行為による爆発により米兵1人死亡,1人負傷,詳細調査中。(M)(D) [アフガニスタン情勢]
中部ウルズガン州で連合軍・アフガン警察とタリバン武装勢力との戦闘,武装勢力25人死亡,内務省発表。(R)
北西部バドギス州でアフガン軍のタリバン捜索作戦中に武装勢力4人死亡。国防省発表。(R)
11.4 [アフガニスタン情勢]
アフガニスタンの5歳以下の死亡率が2001年の1000人中257人から2006年には191人へ25%低下,米国国際援助局(USAID)および国際機関の援助による保健衛生・医療の改善の成果,ジョンズ・ホプキンス大の研究に基づき保健省発表。(AP)(R)
中部ガズニ州で警官隊へのIED攻撃により警官4人死亡,2人重傷。(R)
11.5 キルクークのタル・アルダハブで米軍車両へのIED攻撃により米兵4人死亡。(M)(D)
アンバル州で敵対勢力の攻撃により米兵1人死亡。(M)
サラハディン州でIED攻撃により米海軍兵1人死亡。(M)(D)
タージで米兵1人死亡,死因等詳細は調査中。(D)
[アフガニスタン情勢]
西部ファラー州の3つの地区が先週から4日にかけてタリバンの支配地域となったと州議会議員・州警察長官が発表。(R)
11.6 クウェートの米軍基地内で非戦闘行為により米兵1人死亡。(D) [アフガニスタン情勢]
北東部バグラン州バグランの砂糖工場を視察に来た国会議員団に対して近づいてきた男が自爆,議員6人死亡,歓迎のために集まっていた小学生ら59人死亡,負傷者80人以上,タリバン報道官は「タリバンは民間人を標的としない」と関与を否定。(AP)(R)
11.7 バグダッド南郊アラブジャブールで徒歩でパトロール中の米軍部隊へのIED攻撃により米兵1人死亡。(M)(D)
バグダッドでIED攻撃により米兵1人死亡。(D)
11.8 [アフガニスタン情勢]
北西部ファーヤブ州マイマナのノルウェー軍基地近くでノルウェー軍車両へのIED攻撃により同国軍兵士1人死亡,1人負傷。(ISAF)(AP)(R)
南部ザブール州で警察車列へのRPG攻撃により警官7人死亡。(AP)
南部ザブール州カラット地区で連合軍・アフガン軍の作戦行動によりタリバン武装勢力2人死亡,10人拘束。(AP)
11.9 ディヤラ州で爆弾攻撃により米兵1人死亡,3人負傷。(M)(D) [アフガニスタン情勢]
東部ヌリスタン州の山岳部アラヌスで部族長との会談後に帰る途中の米軍部隊を武装勢力がRPGと小火器で攻撃,米兵5人と海兵隊員1人死亡,8人負傷,アフガン兵3人死亡,11人負傷。(AP)(R)(D)
南部ヘルマンド州サンギン地区で英軍車両の事故により英兵1人死亡,1人負傷,通訳1人負傷。(DUK)
11.10 [アフガニスタン情勢]
カブール北カピサ州でタリバン武装勢力との戦闘により米兵1人死亡。(AP)
北東部バダグシャン州タガブ地区で米軍車両へのRPGと小火器による攻撃により米兵1人死亡。(D)
北部クンヅズ州で自爆攻撃により民間人1人死亡,3人負傷。(R)
西部ファラー州グリスタン地区でのNATO軍・アフガン軍とタリバン武装勢力との戦闘継続,過去2日間にタリバン約20人死傷,20人拘束,州警察長官発表。(R)
南部ヘルマンド州で英軍車列に自爆攻撃しようとした男に英兵が発砲,直後に男が自爆し付近の民間人5人負傷。(R)(AP)
11.11 [アフガニスタン情勢]
カブール北カピサ州でタリバン武装勢力との戦闘により米兵1人死亡。(AP)
北部クンヅズ州で自爆攻撃により民間人1人死亡,3人負傷。(R)
西部ファラー州グリスタン地区でのNATO軍・アフガン軍とタリバン武装勢力との戦闘継続,過去2日間にタリバン約20人死傷,20人拘束,州警察長官発表。(R)
南部ヘルマンド州で英軍車列に自爆攻撃しようとした男に英兵が発砲,直後に男が自爆し付近の民間人5人負傷。(R)(AP)
11.12 バグダッドで米軍部隊への小火器による攻撃により米兵1人死亡。(D)
クウェートで非戦闘行為により米兵1人死亡。(D)
[アフガニスタン情勢]
南東部パクティカ州バーメル米軍前方展開基地近くで米軍車両へのIED攻撃により米兵2人死亡,1人負傷。(ISAF)(D)
11.13 ディヤラ州ムクヒサでIED攻撃により米兵2人死亡,4人負傷。(M)(D)
モスル近郊で米軍部隊への小火器による攻撃により米兵1人死亡。(M)(D)
衆院本会議でインド洋での海上自衛隊の給油・給水活動再開のための補給支援特別措置法案が自民・公明両党などの賛成多数で可決,参院へ送付。(2)(AP) バグダッドで9月16日に民間軍事会社Black Water社員がイラク市民多数を射殺した事件について,FBIの捜査の結果,市民17人が死亡,うち14人は銃撃を正当化できる理由がなかったことが判明,NYタイムズ報道。(2)(R) [アフガニスタン情勢]
バグラム米空軍基地で非戦闘行為により米兵1人死亡。(D)
中部ウルズガン州デフ・ラウッド地区で武装勢力がNATO・アフガン合同軍部隊をRPGや小火器で攻撃,NATO軍の空爆により武装勢力数十人死亡,NATO軍発表。(AP)(R)
ISAF報道官が2007年の地方政府拠点へのタリバンの攻撃は06年に比べて半減したと発表。(AP)
11.14 バグダッド中心部でIED攻撃により米兵1人死亡,5人負傷,民間人1人死亡,2人負傷。(M)
ディヤラ州ムクヒサで爆弾攻撃により米兵1人死亡,4人負傷。(M)(D)
バグダッドで10月25日に米軍車両へのIED攻撃により負傷した米兵1人死亡。(D)
バグダッドで米軍車両へのIED攻撃により米兵1人死亡。(D)
バビル州イスカンダリヤでスンニ派部族長らの会合に対して爆発物を身に付けた男が自爆,2人死亡,6人負傷。(R)
グリーン・ゾーン近くで米軍車列標的にIED攻撃,民間人2人死亡,3人負傷。(R)
バグダッド北西部で警官隊標的に自動車爆弾攻撃,民間人1人死亡,警官3人含む6人負傷。(R)
下院本会議が500億ドルのイラク戦費追加法案を賛成218,反対203で可決,ブッシュ大統領に08年12月15日までに米軍をイラクから撤退させる計画策定を数週間以内に開始させる条件付き,ペロシ下院議長は法案可決について,「我々はもはや米軍をイラクに展開し続けることはできないこと,現在のやり方で駐留し続けることはもはや選択肢の1つでもないことを示している」と述べる。(AP)(R) [アフガニスタン情勢]
南部ヘルマンド州サンギン地区でパトロール中の英軍部隊へのIED攻撃により英兵1人死亡,アフガン人通訳1人負傷。(ISAF)(DUK)
タリバン上級指揮官ムラー・ハヤトラ・カーン氏がロイター通信に対して,タリバン・キャンプから自爆攻撃者数百人を外国占領軍攻撃のために北部地域を含むアフガニスタン各地の都市に送った,2008年は米軍・連合軍にとってもっとも血塗られた年になるだろうと語る。(R)
11.15 [アフガニスタン情勢]
#南部カンダハル州でパトロール中のカナダ軍車両に接近したタクシーにカナダ兵が発砲,民間人1人死亡,1人負傷,ISAFは停止命令と警告射撃を無視して接近したためと発表。(AP)
南部カンダハル州ザーリ地区で警官隊へのIED攻撃により警官4人死亡。(AP)
11.16 バラドで戦闘関連行為により米兵1人死亡,詳細調査中。(D)
バグダッドで非戦闘行為により米兵1人死亡,詳細調査中。(D)
11.17 [アフガニスタン情勢]
南部カンダハル州カンダハル西方約40kmでカナダ軍車両へのIED攻撃によりカナダ兵2人死亡,3人負傷,アフガン人通訳1人死亡。(ISAF)(DC)
東部ナンガハル州でISAF軍車両への自爆攻撃により米兵1人負傷,民間人1人死亡,2人負傷。(ISAF)
11.18 バクバでサッカーをしていた子供たちを呼び玩具などを手渡していた米兵に自爆攻撃,米兵3人死亡,子供少なくとも3人死亡,数人負傷。(M)(AP)(R)(D)
クウェートで非戦闘行為により米空軍兵1人死亡。(D)
11.19 国連難民高等弁務官事務所UNHCRがイラク難民の医療体制支援のため,ヨルダンに1100万ドルを提供。(R) [アフガニスタン情勢]
パキスタン北西部アフガン国境近くの部族地域でスンニ派とシーア派の部族間抗争,迫撃砲弾により8人死亡,18人負傷,パキスタン軍の攻撃ヘリの武装勢力地域への爆撃により4人死亡。(R)
11.20 バグダッド南郊サルマンパクで英軍ヘリの墜落により英兵2人死亡,2人負傷,墜落原因等調査中。(DUK)(M)
バグダッド東部で米軍車両への爆発性投射物EFPによる攻撃により米兵1人死亡,3人負傷,イラク人通訳1人死亡。(M)(D)
バグダッド南西部で自動車爆弾により1人死亡,6人負傷。(R)
チグリス渓谷沿いでの米軍によるアルカイダ掃討作戦で武装勢力容疑者12人死亡,5人検挙。(M)(R)
ハディサで武装勢力と警官隊との銃撃戦,武装勢力3人と警官1人死亡。(R)
バグダッド東部で米軍車列標的のIED攻撃により民間人3人負傷。(R)
サーマッラで拷問の痕跡のある4人のイラク兵の射殺体発見。(R)
11.21 バグダッドの米軍基地Camp Strikerで非戦闘行為により米兵1人死亡。(D)
ラマディで裁判所外側で警備の警官隊標的に自動車爆弾攻撃,6人死亡,15人負傷。(R)
モスルで部族長自宅近くでトラック爆弾が爆発,1人死亡,3人負傷。(R)
イラク難民機構のハマド代表がアルジャジーラのインタビューで,シリアとヨルダンに避難していた難民がビザ制度の厳格化と困難な生活条件およびイラクの治安状況の改善のため,1日約2000人が帰国していると述べる。(R)
11.22 グリーン・ゾーンに10発の迫撃砲弾着弾,死傷者の詳細未発表。(R)
バグダッドで警官隊標的のIED攻撃3件により警官含む7人負傷。(R)
モスル南部で警官隊標的に自動車爆弾攻撃,民間人2人死亡,警官2人含む12人負傷。(R)
モスルでIED攻撃により警官1人死亡,1人負傷。(R)
クートで武装集団の銃撃により米軍に協力する医師1人死亡。(R)
カルバラでイラク兵が武装勢力容疑者35人検挙。(R)
民主党提出のイラク復興支援特別措置法廃止法案が参院外交防衛委員会で趣旨説明され審議入り,撤退理由は(a)戦争の大義とされた大量破壊兵器は見つからず,イラクへの武力行使を明示的・直接に認める国連決議もないこと,(b)自衛隊の活動の中心は多国籍軍の後方支援とみられるが政府の情報開示が不充分など。(2)
11.23 バクバ東方ジスル・ナフトで9日に米軍車両へのIED攻撃により負傷した米兵1人がドイツの病院で死亡。(D)
モスル南東部で自動車爆弾による自爆攻撃により警官6人含む21人死亡。(R)
バグダッド中心部のペット市場で爆発により13人死亡,57人負傷。(R)
バビル州ジャルフ・アルシャカールのモスク近くで自動車爆弾により巡礼者2人死亡,2人負傷。(R)
バグダッド北方ドゥルイヤで拷問の痕跡のある3人の射殺体発見。(R)
ポーランドのトゥスク新首相が所信表明演説で,イラク駐留同国軍約900人を2008年中に完全に撤退させると表明。(2) [アフガニスタン情勢]
中部ウルズガン州タリンコートでISAF部隊とタリバン武装勢力の銃撃戦,小火器による攻撃によりオーストラリア兵1人死亡,民間人3人負傷。(ISAF)(DAU)
11.24 サーマッラ近郊で自動車爆弾攻撃により警官3人死亡,11人負傷。(R)
バグダッドとキルクークで米軍のアルカイダ掃討作戦により武装勢力1人死亡,10人拘束,米軍発表。(M)(R)
サーマッラで米軍のスンニ派武装勢力掃討作戦によりアルカイダ容疑者10人死亡,米軍発表。(M)(R)
オーストラリア総選挙で野党の労働党が下院の過半数の議席を獲得し,ジョン・ハワード首相の自由・国民両党の保守連合から11年ぶりに政権を奪回することが確実に,イラク駐留同国軍約1500人の段階的撤退や京都議定書への復帰・批准などを訴え。(2)(AP) [アフガニスタン情勢]
カブール西方約8kmパグマン地区の橋梁建設現場でイタリア軍部隊への自爆攻撃によりイタリア兵1人死亡,4人負傷,建設現場見物の子供3人含む民間人6人死亡,5人負傷,一部は爆発後のイタリア兵の発砲による死傷の疑い。(AP)(R)
ワルダク州でISAF車両の横転によりポルトガル兵1人死亡。(ISAF)
南東部パクティカ州パキスタン国境近くで武器輸送中のタリバン武装勢力に対する連合軍の空爆などにより武装勢力65人死亡。(AP)(R)
11.25 バグダッド中心部の保健省近くで自動車爆弾により9人死亡,30人負傷。(R)
モスルでパトロール中の米軍部隊標的のIED攻撃により6人負傷。(R)
バグダッド北部ワジリヤ地区でIEDにより民間人2人負傷,捜査のため到着したイラク治安部隊へのIED攻撃によりイラク兵1人死亡,6人負傷。(R)
モスル北部のスンニ派イラク・イスラム党本部で武装集団の銃撃により警備員1人死亡。(R)
キルクークのイラク軍検問所に接近したトラックにイラク兵が発砲,トラックが爆発しイラク兵1人死亡,4人負傷,3人行方不明。(R)
キルクーク南西アルザブ地域のイラク軍検問所へのトラック爆弾による自爆攻撃によりイラク兵1人死亡,5人負傷,1人行方不明。(R)
11.26 モスルでイラク軍部隊標的のIED攻撃により民間人1人死亡,1人負傷。(R)
イラク各地で過去24時間でイラク軍が武装集団58人拘束,国防省発表。(R)
クートで武装集団の銃撃により警官1人死亡。(R)
#ラマディで米軍検問所に接近した車への米兵の発砲により民間人1人死亡。(R)
[アフガニスタン情勢]
南東部パクティカ州でIED攻撃によりアフガン兵4人死亡。(R)
カブール南郊で地雷により民間人4人死亡。(R)
11.27 サラハディン州アメリで米軍車両へのIED攻撃により米兵2人死亡,2人負傷。(M)(D)
バクバのディヤラ州警察本部で羊飼いを装った男が自爆攻撃,警官4人死亡,民間人2人死亡,警官6人含む13人負傷,爆発後の発砲により女性3人死亡。(R)
バクバで爆発物を身に付けた女性の自爆攻撃により米兵7人と民間人5人負傷。(M)(R)
#バグダッド北部シャアブ地区で米兵の停止命令に従わなかったミニバスに米兵が発砲,乗っていた金融省職員4人(女性3人含む)死亡,4人負傷。(R)
バグダッド中心部カラダ地区で米軍車列標的のIED攻撃により民間人3人負傷。(R)
民主党提出のイラク復興支援特別措置法廃止法案が参院外交防衛委員会で野党の賛成多数で可決。(2) [アフガニスタン情勢]
#(現地26日夜)東部ヌリスタン州でNATO軍機の空爆によりテントで寝ていた道路建設作業員14人死亡,州知事発表,ISAF報道官は情報に基づき攻撃準備中のタリバン指導者と部隊標的の空爆であり,民間人の死傷者の有無について調査中と発表[11-1]。(AP)(R)(ISAF)
カブール中心部の国防省そばで米軍部隊標的に自動車爆弾による自爆攻撃,民間人2人死亡,イスラム過激派の軍閥が実行声明。(R)
11.28 バグダッド西部で小火器による攻撃により米兵1人死亡。(M)
バグダッドで米兵1人死亡,詳細調査中。(D)
アンバル州アサド近郊で米軍車両の事故により米海兵隊員1人死亡。(D)
バグダッド西部マンスール地区のイラク軍検問所にIED攻撃,イラク兵2人含む3人負傷。(R)
イラク各地でイラク軍の作戦行動により武装勢力容疑者4人死亡,27人逮捕。(R)
ヨルダン駐在のイラク大使がヨルダンで生活する推定50万人のイラク難民の教育と保健の支援のため,800万ドルを提供すると述べる。(R) 民主党提出のイラク復興支援特別措置法廃止法案が参院本会議で野党の賛成多数で可決され,衆院に送付。(2)
守屋前防衛事務次官とその妻が収賄容疑で逮捕。(2)(3)
[アフガニスタン情勢]
南部カンダハル州カンダハル西郊でカナダ軍車両へのIED攻撃によりカナダ兵3人負傷。(AP)
[パレスチナ情勢]
イスラエル軍がガザ地区南部を空爆,パレスチナ人2人死亡,5人重傷,イスラエル軍はイスラエルへのロケット弾攻撃への報復攻撃と説明。(2)
11.29 [アフガニスタン情勢]
南部ヘルマンド州ゲレシュク渓谷でタリバン武装勢力との戦闘によりデンマーク兵2人死亡。(AP)(R)
アルジャジーラがオサマ・ビンラーデン氏の欧州に対するメッセージを録音した音声テープを放送,「神のご加護によりアメリカ絶頂期は終わりつつある。アメリカはアフガニスタンへの侵攻を正当化するためのタリバンの関与の証拠を何も示してこなかった。NATO軍の空爆の犠牲者のほとんどは非戦闘員の子供や女性である。欧州の人々は政治家のホワイトハウスへの追随をやめさせる方が利益になる」との主旨。(AP)(R)
[パレスチナ情勢]
イスラエル軍がガザ地区南部を空爆,パレスチナ人4人死亡,地元紙報道で25日からのイスラエル軍のガザ攻撃により20人死亡。(2)
11.30 バクバ近郊でパトロール中の米軍車両へのIED攻撃により米兵1人死亡。(M)(D)

#:連合軍兵士の「誤射」・「誤爆」または過剰防衛によると見られる事件。

[出典]
(1)朝日新聞データベース:http://dna.asahi.com
(2)asahi.com:http://www2.asahi.com/special/iraq/など
(3)共同通信:http://topics.kyodo.co.jp/iraq/など
(4)Sankei Web:http://www.sankei.co.jp/databox/iraq/sp_iraq_list.html
(5)NIKKEI NET:http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/
(6)MSN-Mainichi INTERACTIVE:http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/
(7)YOMIURI ON-LINE:http://www.yomiuri.co.jp/features/gulf2/
(AP)AP通信:http://www.ap.org/
(BBC)BBC放送:http://news.bbc.co.uk
(C)米中央軍司令部:http://www.centcom.mil/
(D)米国防総省:http://www.defenselink.mil/news/
(DOC)米商務省:http://www.commerce.gov/
(DOT)米財務省:https://www.treasury.gov/
(DUK)英国防省:http://www.mod.uk/
(DC)カナダ国防省:http://www.forces.gc.ca/
(DAU)豪国防省:http://www.defence.gov.au/
(IB)Iraq Body Count:http://www.iraqbodycount.net/
(ISAF)NATO国際治安支援部隊:http://www.nato.int/ISAF/
(M)イラク多国籍軍:http://www.mnf-iraq.com/
(R)ロイター通信:http://www.reuters.com/

年表のトップページへ 前のページへ 次のページへ

このページの著作権は慶應義塾大学 経済学部 延近 充が所有します。無断で複製または転載することを禁じます。
Copyright (c) 2007 Mitsuru NOBUCHIKA, Keio University, All rights reserved.
*検索サイトから直接このページに来られた方へ
このページは延近研究会共同研究「イラク戦争を考える」の「資料:イラク戦争関連年表」のページの一部です。
2003年2月以降各月の年表へのリンク,共同研究の概要やさまざまな参考資料へのリンクなどを含む完全な形で表示するには,共同研究「イラク戦争を考える」のトップページから年表のページに移動してください。